ある日の家族の会話

家族の面白会話の記録。

ナゼに「とって」でそっちを想像するのか…。

とある山へ家族で出かけた時のこと、

車の窓の向こうに

とってもレアなライチョウの姿があったのだが…
 
 
兄弟:「(写真を)撮って!撮って!」
 
母:「獲っちゃダメ!
 
 
……いや、いろんな意味で獲れないから……。

 

 

らいちょうころころ?立山室堂のライチョウ親子

らいちょうころころ?立山室堂のライチョウ親子

 

 

天然オカンに演奏会衣装を用意させるとこうなる…

某WOW○Wの

子どもたちがおそろいの衣裳で合唱している

CMを見た兄弟が語り始めた思い出話

ちょっと不憫だった…。
    ↓
 
兄弟:「小学生の時、演奏会の当日

    “おたふく”で出られなかったんだよなぁ」
 
母:「かわいそうに」
 
兄弟:「いや、行けなくて良かったよ。

    上が白で下が黒いズボンって衣装指定だったのに、

    オカンが用意してたの、ポパイの柄のトレーナーだったもん」
 
母:「白いトレーナーだから良かったんじゃないの?」
 
兄弟:「普通は無地の白シャツだよ!

    危うく大恥かくとこだったわ!」
 
 
うちの母は天然なので、

あまりそういう常識は期待できないのである…。

  

    ↑

(参考までにポパイのTシャツ。もちろん小学生当時の兄弟のと同じ物ではありません。)

昔、父が祖母に隠れて猫を飼っていた件。

自分がまだ学生だった頃のある日、
 
父が「猫がいるから見に来てごらん」と言うので
 
ノラ猫を餌付けでもしたのかな?』と思って見に行くと…
 
 
玄関先や庭先に“ちょっと来ている”どころではなく、
 
父の仕事部屋の椅子の上で
 
『もうソレ、ほぼ飼ってる状態だろ!』
 
というくらい当たり前に堂々と寝ている、
 
見たことのない茶トラ猫の姿が…!
 
 
うちにたびたび来ていた人懐こいノラ猫を、
 
父が部屋に連れ込んで
 
半ノラ・半飼い猫状態にしていたのである。
 
 
ちなみに当時、うちには既に別の飼い猫がいた。
 
…で、“2匹目”は反対されると思ったのか、
 
両親はこの猫の存在を、祖母には一切話さなかった
 
なので、いろいろとややこしい事態に…
 
 
祖母:「うちの中に、またあのノラ猫が入って来てるよ!」

 


何も知らない祖母に追いかけられては、
 
家を追い出される茶トラ猫。
 
(ちなみにコロッケ色の毛並みだから(?)
 
 『コロちゃん』と名付けられていた……) 
 
 
さらには、祖母に見つかって追い出されないよう
 
祖母が近づいてくるとタツの中に隠される始末…。
 
 
これ、小学生くらいの子どもではなく
 
イイ歳をした大人が実際にやっていたことなのである…。
 
 
ちなみに、そんな当時の兄弟間メールがこちら。
     ↓
兄弟:「帰るべきかな?片道二時間はキツイですよ」

自分:「電車の中で寝て来い。
    よその猫がうちに来た。」

兄弟:「ナニネコ?どこネコ?
    100万回生きてるかきいてみて。」

自分:「すぐ帰ればその目で見れるかも?」
 
 
最初のメールのテンションの低さからの、この食いつき
 
ちなみに蛇足ながら「100万回生きてるか…」の元ネタは
 
猫の絵本としては1、2を争うくらいに有名なアレである。
  

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 

猫に対する褒め言葉(?)のクセが強過ぎる

うちの兄弟は、ものすごいネコ好きにも関わらず
 
性格が天邪鬼ドSなので(?)
 
ペットの猫に対する言葉のクセがスゴい
 
 
兄弟:「ミーぽん(愛称)は、まるで

    紫キャベツにしたような顔だね~ww」
 
自分:「それ、普通のキャベツじゃん!」
 
 
そもそもキャベツ顔の猫って何……?

 

 

     (紫キャベツ→緑って…。) 

 

 

猫好きじゃなかったの…!?(2)

去年の夏に母が拾ってきた白猫の男の子・ミーぽん(愛称)
 
祖母の部屋が大好きで、いつも入り浸り、

てっきり祖母もミーぽんのことを

可愛がっているのかと思いきや……
 
 
自分:「ミーぽん大きくなったねー。

    まだ1才にもならないなんて

    信じられないデカさだねー」
 
(ミーぽんは先住猫のゴハン

    横取りするほどの食いしん坊で、

 体重が既に5kg近くある。) 
 
祖母:「そうだねぇ。急に大きくなり過ぎて

         何だかキモチワルイ
  

…確かに異常なほどの成長スピードだけど

まさかそんなバケモノでも見るような目で

見ているとは思わなかったよ……。
 

何だかんだで、いつもペットを見る目が

シビア過ぎるうちの祖母なのであった…。
 

おばあちゃん製・ナゾの呪文

TVの動物番組が好きで、毎回毎回
 
「かわいいね~」と言いながら観ているくせに
 
我が家のペットたちに対しては何故かシビアなうちの祖母。
 
 
夕食後には毎度うちのワンコにからまれ
 
「遊んで」攻撃をされているのだが……
 
 
犬:「ワン!ワン!(=遊んで!遊んで!)」
 
祖母:「べーべーべーべー」
 
犬:「ワン!(=遊んで!)」
 
祖母:「べーべーべーべー」
 
犬:「………(ショボン。→トボトボと寝床へ帰っていく)」
 
 
毎度このナゾの行動パターンが繰り返されている…。
 
 
祖母:「あれだけワンワン騒いでても『べーべー』って言うと
 
    必ず部屋に戻っていくんだけど、誰か教えたんかねぇ?」
 
 
…いや、誰も教えてない。
 
……と言うより『べーべー』という言葉自体、今まで聞いたことが無いんだが…。
 
(もちろん、うちのワンコの名前でもない。)
 
 
『バイバイ』がなまって『べーべー』なのか、
 
それとも牛や馬を可愛がる感じの言葉なのか…
 
(うちの祖母は農家出身。)
 
そして、その意味も由来も分からないナゾの言葉
 
寝床へ帰っていくウチの犬って一体……。
 

かわいい子犬のネーミング会議のはずが…

我が家に新たなペットとして

ヨークシャー・テリアの子犬がやって来た時、

名前を何にするかでビミョウにモメた。
 
一度は『オズの魔法使い』(映画)の

ドロシーの飼い犬に似ているということで、

『トト』に決まりかけたのだが…
 
 
母:「名前『トト』に決まったって送ったら、

   お兄ちゃんが『却下。ベテルギウスがいい』だって」
 
 
その場にいない兄弟がメール(当時既にLINEだったかも…)

でネーミング会議に割り込んできた
 
 
自分:「かわいくないから却下」
 
母:「『じゃあ、アルデバランがいい』だって」
 
 
何だか聞き覚えのある名前ばかり送ってくると思ったら……
 
 
自分:(ソレ、前に兄弟間でネタにしてた

    ラスボスの名前として通用しそうな星の名前

    シリーズじゃん!)
 
 
……相手はラスボスとはほど遠い可愛らしい子犬である…。
 
 
さらに兄弟間では

ラスボスとして通用しそうな作曲家の名前

も話題にしているが、兄弟一致で「一番ラスボスっぽい名前」

に決定したのはドヴォルザーク

 

 

Wan(ワン) 2018年 03 月号 [雑誌]

Wan(ワン) 2018年 03 月号 [雑誌]

 

      

オズの魔法使 特別版 [DVD]

オズの魔法使 特別版 [DVD]

 

    

 

 

 

 

参加ポータルサイト(ランキング): ツギクルバナー 
人気ブログランキング