ある日の家族の会話

家族の面白会話の記録。

兄弟間メール

家族史上最も短いメールのやりとり

電車通学だった学生時代、 駅までは自転車だったので 激しい雷雨などの時には 駅まで車で迎えに来てもらっていた。 で、夏でゲリラ雷雨が頻発していた時期など は迎えに来てもらうのに慣れ過ぎて、 メールもどんどんシンプルなものに 変わっていったのだが… …

昔、父が祖母に隠れて猫を飼っていた件。

自分がまだ学生だった頃のある日、 父が「猫がいるから見に来てごらん」と言うので 『ノラ猫を餌付けでもしたのかな?』と思って見に行くと… 玄関先や庭先に“ちょっと来ている”どころではなく、 父の仕事部屋の椅子の上で 『もうソレ、ほぼ飼ってる状態だろ…

猫に対する褒め言葉(?)のクセが強過ぎる

うちの兄弟は、ものすごいネコ好きにも関わらず 性格が天邪鬼でドSなので(?) ペットの猫に対する言葉のクセがスゴい。 兄弟:「ミーぽん(愛称)は、まるで 紫キャベツを緑にしたような顔だね~ww」 自分:「それ、普通のキャベツじゃん!」 そもそもキャ…

地方から都内への通学は最早ちょっとした旅。

東京都内の大学まで電車通学していた兄弟の、ある可哀相な日のメールのやりとり。 兄弟:「今日凄まじくはやく授業終わったのに1時間電車待ち。 授業よりも待ち時間のが長い。」 自分:「東京で遊んで来いっておかんが言ってる。」 兄弟:「そんな元気無い…

普通のやりとりでも、言い回しが独特。

ウチの兄弟が野球好きをこじらせてバットを手作りしようとしたが、見た目がどう見てもRPGとかの「こんぼう」だったという…。

aibo発売記念(?)でAIBOに関する過去メールを…

新型アイボ(aibo)発売記念に 旧型アイボ(AIBO)に関する、兄弟間でのメールのやりとり(過去)を… ↓ 兄弟:「アイボ3個も触ってきた」 自分:「どこにアイボがあったんね!?」 兄弟:「浪人した友達の為に入試センターに 願書を取りにいったら三個もうごめい…

普通の文章を送っても数倍の鬱陶しさで返してくる兄弟からのメール

たぶんアナログから地デジに移り変わった頃、 祖父母が買った新しいテレビが 家に届いた時のメールのやりとり。 ↓ 自分:「どうやらテレビが来たらしい」 兄弟:「どこに?テレビが自分で歩いて『こんにちは』って来たの?」 自分:「おじいちゃんおばあちゃ…

暇を持て余した兄弟からのメール

おそらく駅で電車を待っていたであろう兄弟からのメール。 「まもなく3番線に電車が漂着いたします。 危険ですので黄色い線の内側に潜って下さい。 エスカレーターでの寝煙草はご遠慮ください。」 ……暇を持て余し過ぎ。 そして毎度、何の前触れも説明も無し…

うちの兄弟の好きな食べ物…

ある日の兄弟間メール。 自分:「あんたの好きな食べ物は何かっておばあちゃんが知りたがってたで。」 兄弟:「パセリとセロリと生ピーマンと刺身についてる菊と生姜酢漬とラーメン」 自分:「あほか。まともな料理を言え。」 兄弟:「料理は基本的にあんま…

東京へ行ったばかりの頃の兄弟からのメール

東京の大学へ通い始めたばかりの頃の兄弟から送られたきたメール。 「秋葉原で力士3人見た。どんなまち、」 …正直、返信のしようがない。

ある日の兄弟間メール(これは序の口)

ある日のメールのやり取り。 兄弟:「今日の飯はなんですか?」自分:「いなりずし」兄弟:「最悪だ。スイカじゃないのか…」 わりといつもこんな感じ。 ちなみにうちの兄弟、家族でバイキング(オシャレな言い方だとビュッフェ?)に行った際、フルーツばか…

参加ポータルサイト(ランキング): ツギクルバナー 
人気ブログランキング