ある日の家族の会話

家族の面白会話の記録。

昔、父が祖母に隠れて猫を飼っていた件。

自分がまだ学生だった頃のある日、
 
父が「猫がいるから見に来てごらん」と言うので
 
ノラ猫を餌付けでもしたのかな?』と思って見に行くと…
 
 
玄関先や庭先に“ちょっと来ている”どころではなく、
 
父の仕事部屋の椅子の上で
 
『もうソレ、ほぼ飼ってる状態だろ!』
 
というくらい当たり前に堂々と寝ている、
 
見たことのない茶トラ猫の姿が…!
 
 
うちにたびたび来ていた人懐こいノラ猫を、
 
父が部屋に連れ込んで
 
半ノラ・半飼い猫状態にしていたのである。
 
 
ちなみに当時、うちには既に別の飼い猫がいた。
 
…で、“2匹目”は反対されると思ったのか、
 
両親はこの猫の存在を、祖母には一切話さなかった
 
なので、いろいろとややこしい事態に…
 
 
祖母:「うちの中に、またあのノラ猫が入って来てるよ!」

 


何も知らない祖母に追いかけられては、
 
家を追い出される茶トラ猫。
 
(ちなみにコロッケ色の毛並みだから(?)
 
 『コロちゃん』と名付けられていた……) 
 
 
さらには、祖母に見つかって追い出されないよう
 
祖母が近づいてくるとタツの中に隠される始末…。
 
 
これ、小学生くらいの子どもではなく
 
イイ歳をした大人が実際にやっていたことなのである…。
 
 
ちなみに、そんな当時の兄弟間メールがこちら。
     ↓
兄弟:「帰るべきかな?片道二時間はキツイですよ」

自分:「電車の中で寝て来い。
    よその猫がうちに来た。」

兄弟:「ナニネコ?どこネコ?
    100万回生きてるかきいてみて。」

自分:「すぐ帰ればその目で見れるかも?」
 
 
最初のメールのテンションの低さからの、この食いつき
 
ちなみに蛇足ながら「100万回生きてるか…」の元ネタは
 
猫の絵本としては1、2を争うくらいに有名なアレである。
  

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 

参加ポータルサイト(ランキング): ツギクルバナー 
人気ブログランキング